ビザージュからの贈り物
bvisage.exblog.jp

ビザージュからホットなニュースをお届けします
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
ブライダルサロン ビザージュ
ブライダルサロン ビザージュ

「いい出会いはビザージュから…」ビザージュは同胞の出会いを真摯に考えます。大切な出会いから、静かに育んでいくお二人の大切な時間をそっと見守ります。時には同じ年齢の子をもつ母として、時にはお二人のサポーターとして。私達は、今できること、やらねばならないことを精一杯お手伝いさせていただきます。


mail:
info@bridal-visage.com

ビザージュHP:
http://www.bridal-visage.com/

電話
077-561-2155

★お気軽にお問い合せ下さい★

ランキングに参加しています。
ワンクリックでどうぞいらっしゃいませ!!
ブログランキング・にほんブログ村へ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2009年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧
ご婚約おめでとうございます。
友人の「よし」が1年半の婚活の結果、彼にはもったいない可愛らしい美喜ちゃんと運命的な出会いをする。出会ってから半年で先日結納を済ませた。
彼らが出逢ったのはお見合いパーティー・・。それぞれの思いの中参加したパーティーであった。そして参加しようと決断した二人は出会うべくしてであった。二人の話を聞いている出会いは偶然でもなく必然であったことに今更ながら思い知らされる。
人生で一番幸せな不安な時期でもあるけれどこれからは二人で沢山いろんなこと築いて行ってくださいね。

ビザージュも嬉しい報告がある。
海外在住の男性と国際線勤務の女性とのご婚約。
奇跡の出会いでもあったと思う。双方我慢強く日程の調整をし漸くお見合いをすることに。
その後、出会うべくして出会われたお二人は遠距離を諸共せず、周りの心配をよそに二人は順調にご交際を続けていかれたそうだ。
お見合いをしてからそんなに時間がかからなかったと思う。
ご結婚を決意されたと聞いたときは心から嬉しく思った。
お二人をおつなぎ出来て本当に善かったと心から嬉しくなった。

最近私の周りでは嬉しいことが一杯である。

明日も実はご結納の為東京に行く。両家のお顔合わせもあわせてするのだが双方略式でしましょうということでホテルにて結納の義が行われる。
お見合いをして、その後始めてお二人に会うわけだけど何だかとても嬉しい気分。

あいだ光男の
「人の世の幸・不幸は人と人と出会うことから始まる。良き出会いを」という詩がある。
仲人業がいかに大事なものかそして責任重大な仕事であるかをひしひしと感じる。

写真は
よしと美喜ちゃん。ハンドメイドのクッキーを持参してくれました。おいしかったわーー^^:
よし。美喜チャンを頼むよ!!
c0099207_15501637.jpg

[PR]
by b_visage | 2009-05-30 15:42
母の日プレゼント 
次女 末っ子 それぞれから心のこもった母の日プレゼントを貰った。
子供達 本当に有難う!! 私の母にも忘れていた母の日プレゼントを贈ることにした。
何だか子供に教えてもらった母の日だった・・。
c0099207_1426258.jpg

これは末っ子

こっち次女 花器後で食器になる。
c0099207_14274549.jpg

[PR]
by b_visage | 2009-05-30 14:28
お見合いに大忙しのゴールデンウィーク
嬉しい悲鳴を上げています。
東京・大阪・名古屋・京都とこのゴールデンウィーク中はお見合いで大忙しでした。
仲人業を始めて今年で4年目。漸く会員様も200名を超え、出会いの数が急に増えてきた。

ゴールデンウィーク中も移動は新幹線。ある日京都で乗車したとき、横の座席にお母さんと小さなお子さん二人と東京まで一緒だった。彼女達が下車したときそこには多分実家のお母さんとお父さんなのだろう。お二人がプラットホームまで彼女達を迎えにきていた。おじいちゃんお婆ちゃんに久しぶりに会ったのかお孫さん二人は恥ずかしそうに照れ笑いしていた。母子だけで帰省して来たのだな~ 結婚してもやはり実家はいいものだ。ご両親がわざわざプラットホームまで迎えに来ていらしたことも娘にとっては本当に嬉しかったに違いない。私もそんな光景を眺めながら昔のことを思い出していた・・。
私は結婚してすぐに韓国で住んでいた。
当初の韓国は戒厳令がまだ敷かれていて休戦状態でもあった。豊かになりつつあったがやはり日本のものが懐かしくなる。両親はよく渡韓していろんなものを持ってきてくれていた。感謝^^ 結構過激な時期でもあったのでさぞや両親達は心配したことだろう・・。娘をどんな思いで今の主人に託したのだろう・・。私自身楽天的な性格が奏して滅入ることも無く元気に過ごしていたけれど、両親は気が気でなかったに違いない。

プラットホームを歩きながら当時のことが走馬灯のように思い出され、「彼女にお父さんお母さんに思いっきり甘えてきてね・・。」と願った。

その日はお見合いに立ち会いながらもそのときの情景がおもいだされ、今日のこの出会いがよき出会いになりますようにと切に願った。

写真は私のバースデイーに子供達が送ってくれた黒真珠のピアス。
長女が仕事でタヒチに行ったときに購入してくれていたそうだ・・。子供達本当に本当に有難う
c0099207_13355481.jpg

[PR]
by b_visage | 2009-05-06 13:37